いいお家つくろう!。#2 お打合せ編

P1030122

こんにちは、KRAFTMAN チーフマネージャー 千葉です。

いいお家つくろう!。#2です。

テーマは、お打合せについてです。

いきなり打合せの話???と、思っているあなた・・・。

 

そーなんです。お打合せの話です。

と、いうのも住宅会社によって、お打合せの仕方が異なるのをご存知ですか?

まず一般的な住宅会社とは何なのか、についてお話します。

 

住宅会社=(ハウスメーカー)

ハウスメーカーの住宅は、工法やサイズ、材料などの基本仕様について

行政から認可をあらかじめ一括取得しています。

その規格の範囲内で設計/施工を行います。

ハウスメーカーの自由設計の自由度は、

あらかじめ認可を受けた【型式適合認定】の範囲以内に限られます。

 

住宅会社=(工務店)

工務店といっても、さまざまな形態があるのですが、

基本的には、複数の専門業者をマネージメントし総合的な工事を請け負う

会社のことを言います。

ハウスメーカータイプの工務店は、特定の素材や建材・設備などを

使い、商品化・シリーズ化して販売 / 施工をします。

【工務店で建てる】といえば、工務店に設計と施工の両方を依頼することになります。

 

次に発注者とは何か、簡単にご説明します。

発注者とは

「オーナー」や「お施主様」と呼ばれますが、

住宅会社に発注するあなた(お客様)のことを指します。

 

契約上の関係はとてもシンプルです。そーです、

受発注の関係です。基本的には発注者の指示のもと、施工を行います。

 

ただ、発注者のあなたとKRAFTMANとの関係は、もう一歩先にあります。

もちろん受発注の関係ではありますが、お互い対等な関係でお家を創ることを目指しています。

お互いに対等な関係を構築できたお客様とは、円滑な住宅プロジェクトが進行できると考えております。

もちろんこれは、弊社の考えではありますが。

AH3R8041

つまりハウスメーカーでお打合せを行うにもコミュケーションは大切ですが、

工務店でのお打合せはコミニュケーションがとても大切です。

KRAFTMANでは、空間デザインは一番コミニュケーションをとる必要があると考えております。

ハウスメーカーのように企画された商品ではなく、「この中から選んでください」は、KRAFTMANではありません。

発注者だから、デザイナーに丸投げではなく、あなたと一緒につくりあげていきたいのです。

KRAFTMANはあなたの質問や不明点にも真摯に受け止めます。

次回はKRAFTMANでのお打合せについてお話していきます。